ネパール 最新ニュース

ネパールが日本と航空協議で合意。中国と鉄道建設も推進へ

日本とネパールが航空協議を行い、乗り入れ地点や便数の拡大などで合意しました。一方、ネパールは中国との間で、鉄道建設に関する共同文書に署名。ネパールの旅は、これから大きく変わっていきそうです。

 

航空協議がまとまる

日本とネパールの航空当局間協議は、2018618日に都内で行われました。国土交通省によりますと、主に以下の3点について合意したということです。

(1)乗り入れ地点の拡大 日本側は、ネパール国内の全ての地点(現行はカトマンズのみ)。ネパール側は、羽田を除く日本国内の全ての地点(現行は関西空港のみ)。

(2) 便数の拡大

双方週14便まで (現行は双方週2便まで)

 (3) コードシェアの枠組みの設定

 

自由なコードシェアの枠組みを新たに設定

 

今回の協議はネパール側の求めにより開催されました。したがって、上記の合意内容はネパール側の要望に応じたものとみられます。となると、ネパールの航空会社による、成田空港への乗り入れが、近く実現しそうです。ネパール側の報道によりますと、以遠権も認められているということです。

ネパール航空が就航計画

Aviation Nepal」によりますと、ネパール航空は最近、2機のA330-243を導入。この到着後、ソウル、東京、ダンマーム、シドニーへの航空路線を新設する計画を持っているそうです。日本とネパールの航空協議がまとまったことから、ネパール航空による成田・カトマンズ線の就航計画が近いうちに正式発表されそうです。

日本とネパールは、1993年に航空協定を締結しています。ただ、このときの協定は上記の通り、日本側の発着地は関西空港に限られ、週2便が限度でした。

1994年にロイヤル・ネパール航空(現ネパール航空)が関西~カトマンズ線を上海経由で開設。B757型機で週2便を運航していましたが、2007年に運休しています。このため、ネパール航空の日本乗り入れが再開すれば、十数年ぶりとなります。